信頼できる認定マーク|健康食品を利用する目的について|自分に合ったものを選ぶ

健康食品を利用する目的について|自分に合ったものを選ぶ

女の人

信頼できる認定マーク

食事

健康食品を販売するメーカーというのは、数多く存在します。メーカーによって、健康食品の価格は異なってくるものです。価格が異なる理由としては、製法や使用している原材料の質が関係してきます。製品が安価なメーカーというのは、製造工程における精密さが欠けていたり、原材料に質の悪いものを使用していたりするのです。また、質の良い原材料を使用していたとしても、主成分がほとんど配合されていないといった製品も存在します。健康食品を購入する際には、数あるメーカーの中から信頼できるメーカーを選ぶ必要があるのです。

健康食品購入時において、販売メーカーが信頼できるかどうかを判断する際には認定マークから判断すると良いでしょう。健康食品は食品衛生法により管理されており、栄養素の効果効能・用法容量・摂取タイミングを記載することができません。つまり、消費者が欲しいと考えている情報が全く記載されていない状態で販売されている状況なのです。ただ、例外となる健康食品も存在します。それは、保健機能食品と呼ばれるグループの健康食品です。保健機能食品の中でも特定保健用食品の認定マークを受けている製品というのは、消費者庁による製品の安全性や効能に関する審査を通過したものになります。特定保健用食品の認定マークが無いからといって効果が無いと決まっている訳ではありませんが、信頼性の点からみると認定マークに注目して製品を選んだほうが良いと言えるでしょう。